やるきばこ2 エピソードV:やるきねこの逆襲

おまけ

[おまけ] はぐれやるき〜旅情編〜

男死利祭編

男死利祭編

「なんだこの建物は…」 その異形に俺は言葉を失った。
俺がガキの時分とは祭もずいぶんと様変わりしたもんだ。

男死利祭編

やがて、祭は始まった。

人の渦が織り成す圧倒的な何かが俺の中に流れ込んでくる。スれた玄人(バイニン)の世界に首までつかりきったこの身には彼らの純粋な眼差しが胸に刺さるようだぜ…。

男死利祭編

夜の冷たい明かりに慣れきったこの体に真夏の熱い陽射しが容赦なく突き刺さる。堪らず俺は目に付いた一軒の店に飛び込んだ。

男死利祭編

早速、毛ダルマの女といかめしい顔をした女が、俺を見て擦り寄ってきた。どうやら俺の魅力にやられちまったらしい。

やはりここでも俺は勝利を約束された男だ。

男死利祭編

やがて俺は行きずりの女に連れられて祭を後にした。

このまま流されるまま運ばれるまま当ても無く旅を続けるのも悪くないかも知れない…。


----- (C)2007 Hobibox/Caramelbox All rights reserved. -----