狐春・狐夏・狐冬(こはる こなつ こふゆ) CV:北都 南

【体長】60p

 月砂からに貸与された人語を解する子狐達。月砂の眷属であり、狐精と呼ばれる、いわゆるところのの部類に属する。口数が多く少々生意気盛りのリーダー格が狐夏、読書好きで衒学的な口調の狐春、やや臆病でに甘える狐冬の三匹。

 本来狐精には性格などなく、主の命を忠実にこなすのみの存在でしかなかった。けれど月砂の言いつけを守らず子狐達に名前を与えてしまった事から、実に騒がしくもユニークな個性が生まれ出でてしまった。

 人語を解するである事は以外の家族にすら伏せられており、平常は八千古島家の愛玩動物として振る舞っている。