『ゆかり神社』に祀られている縁結びの女神
 女神ゆえにプライドの高さは折り紙付きで、常に高慢尊大な態度を取るが、愛嬌もあり憎めない性格。

(ゆえ)の愛称で呼ばれる。

実はとても寂しがり屋で、人をからかったり、悪戯をするのはその感情の裏返しである。

すっかり寂れてしまっている自分の神社を、かつてのように参拝客で賑わう境内にしようと孤軍奮闘してきたが、詰めの甘い性格が災いし、失敗続き。なかなかその願いは叶わなかった。  

縁結びの女神である彼女は、再会を願った主人公の想いを叶えるため、彼とこまとを結びつけようとする。
 しかし、そこには縁結びの女神としての本分だけではなく、ひとりぼっちで待ち続けた彼女の、うら悲しい動機があった……。
 

CV:芹園 みや

   
 
 
* それぞれのキャラクターをクリックすると
そのキャラを中心とした図に変わります。

   
 
 

 うむ。結乃由姫命じゃ。
 名前の前に「偉大なる」「神々しい」「まばゆい」、どれをつけてくれても構わんぞ。
 愚民に関してか? あやつは愚民じゃ。他に答えようもないくらい愚民じゃ。
 こ、こまは……。わらわ、こまに言われると……その、弱くての。むふふ。
 愚民の許婚かや? ああ、あやつとは一回、白黒はっきりと決着を着けねばならんの……。ってコラ! またわらわが寝ている間に、イタズラ書きしおったの! コラー!
 何やら愚民に召使いができたようじゃの。愚民のくせに生意気な。うむ……しかし、どこかで見たような気がするのじゃが……。
 ……あの髪の長いオナゴは何者じゃ? むう……何やら悪い予感がするのう……。