[めぐり、ひとひら。]ゆかり神社裏の池の謎

ネタバレOKのゲーム内容を語るネタバレフォーラムです。プレイ前の人はご注意!

逸れた話に便乗して一言

>出雲までの道のりをどのようにして行くのか、の方が気になります

確かに…^^;
神様だから距離感とか、時間とか、身体的な疲れとか、
そういった概念が無い、もしくは、希薄なんでしょうか。
ていうか、そもそも、ゆかり神社から出雲までの距離ってどのくらいなんでしょう?
出雲は島根県で、ゆかり神社は…、分からないけど東北か北陸の方でしょうか。
(めぐりの取材は埼玉県秩父方面だそうです)
まぁ、いずれにしても結構距離がありますよね…。
チャロ
アバター

投稿日時:
2005/09/14 17:20

登録日時:
2005/08/26 10:03


遠いですよ…(汗)

故郷がそっち方面なのでまあ大体の見当をつけてみますね…
仮に埼玉県秩父市を出発点とするなら、
現代の道路で高速道路などを使って大体880〜1000km位の間なのでは
ないでしょうか。
車なら早くても12、3時間はかかると思います。
空を飛んで直線距離なら600km〜700km位には短縮できそうな気がしますが、
こっちは地図上での見当です…。

人間は現代人でも健脚の方なら1日に40kmは歩けるので1ヶ月くらいかけての
旅になるんじゃないでしょうかね…。実際昔の人はそうやって移動していたわけで…
そう考えると神無月は10月だけど遠方の地の国は、三ヶ月くらいは神無月になって
いるかもしれませんね(^^;。あくまで人間を基準とした歩いてのお話ですけど…。
長旅ですね。現代の手段でも長いと思いますもの…。

でも日本人が、本来の人間が持っている移動速度以上の速さでで長距離を移動
できるようになったのは本当に最近の話ですから、意外になんでもない?当たり前の事だったのかもしれませんね。
てる
アバター

投稿日時:
2005/09/14 18:14

登録日時:
2005/09/11 21:13


由の翼はブースター搭載説ってのは?ぇ?や

>出雲への道のり
ん〜・・・テレポートとか?
ぇっと・・・除外ですね。鏡架との最初の接触の時に「駆けつけるのが遅れた。」とか言ってましたし・・・。
とするとやっぱり飛んで行ったんでしょうね・・・。
由の飛ぶスピードの最大値は実は200km/hくらい出せるとか?w
とりあえず神無月の11日から17日が出雲大社での集会、その後佐太神社に移動して26日まで集会の続きですから・・・1日に出発して10日に着くスピードだと帰りが間に合いませんね・・・。(汗

>話が逸れることについて
スレ主本人が色々逸らしてますし、問題ないでしょう。
と、いうよりそれで掲示板が活性化するならその方が良いと思います。
謎のX
アバター

投稿日時:
2005/09/14 19:49

登録日時:
2005/09/07 15:35


もし、下の人が担いでるなら…

羽は飾りで、下に光学迷彩の人がいる場合。
出雲の集会はまさに地獄……(^^;

由が自分の羽で行くとすると…やっぱり長い旅ですね。
しかし、小さくなる前の由ならば一日で軽くたどり着けるのでは——というイメージがあるんですけどね。
(実際には完全体由は登場してないので、飽くまで想像ですが)
みこみこ
アバター

投稿日時:
2005/09/15 16:21

登録日時:
2005/08/29 16:08


>出雲の集会(下に工学迷彩の人が居る場合)
多分由の下の人は工学迷彩の飛脚なんですよ。
飛脚はリレー方式で物を運ぶことで京都-江戸間を3日〜4日で走ったと言われていますから、仮に埼玉県を出発とすると4日〜5日程度で出雲まで到着する計算になりますね。
う〜ん・・・十分に現実的な数字が出てしまった・・・。

>出雲の集会(自力で飛んでいく場合)
飛脚でその数字ですから、由が自力で飛ぶともっと速いのでしょう。と、いうことで計算してみました。
神様ですから疲れというものを無視できると仮定しましょう。
さらに、日常生活で速度差を感じられなかったことから由の速度≒人間の速度としましょう。
(無論、小さくなる前の由であればもっと速く飛べるのでしょう。)
無論、日常生活レベルでは速度を要求されませんから由の全速力で飛ぶ速度<人間の全速力で走る速度である可能性を考慮します。
50m10秒程度の速度で飛行すると仮定します。(300m/分)
出発点を埼玉県秩父市役所とし、到着点を島根県出雲市役所として
ttp://homepage2.nifty.com/itigo-club/yumenet.htm
を用いて直線距離を計算したところ、575.45kmとのことだったので、多少の迂回を考慮して600kmとします。
以上の仮定の下で、かかる時間は、
600,000/300=2,000(分)≒33.3(時間)
全速力で常に飛び続けて疲れ知らずだとすると1日半くらいで着いてしまうようですね・・・。
恐るべし神様・・・。
謎のX
アバター

投稿日時:
2005/09/16 05:56

登録日時:
2005/09/07 15:35


そういえば…

私も一つ気になっているシーンがあるんです。
確か…鏡架さんEND以外だと、クライマックス前に全一さんが主人公を紫姫から
こりすさんの所へ逃がそうとして守る場面があると思うんですが…主人公を玄関の
扉越しに凄い力で放り投げ、扉の向こうで「お嬢様を泣かすような真似は、絶対にさせんっ!!」と言い放つ名場面。
あの後、紫姫に向かっていった全一さんは…どうなったんでしょう?
こりすさんは、「全一は、ちゃんとお役に立ちましたのね?」なんて言うんですけど(汗)。
こまさんENDだと姿がちゃんと見えるので安心するんですが…
全一さんの強さは
紫姫>鏡架さん>こりすさん>全一さん
ですから…どうやって難を逃れたのかも気になります。
紫姫の妖気だけで全一さんの動きを封じる事が出来る為、相手にされなかった…
とかですか?…それはそれで悲しいですよ〜(T-T )。
てる
アバター

投稿日時:
2005/09/19 13:36

登録日時:
2005/09/11 21:13


仮説立てようにもパターンが多すぎる・・・

>全一さん
大体そこの展開は同じですから助かったと考えるのは楽観的すぎでしょうかね?
戦闘能力ではこりすに劣る全一ですが、単純戦闘以外の分野では大いにリードしてると思いますから、戦闘能力が低い=負けるとは限らないと思いますよ。(全一ファンの贔屓目?w)
しかし、気になるところですねぇ・・・。
無視されたってのはたしかに大いにありうるところですが・・・。
そんな展開ではないと信じたい・・・。
謎のX
アバター

投稿日時:
2005/09/19 18:55

登録日時:
2005/09/07 15:35


私なりの仮説を

元々、紫姫は御前様——主人公が好きなんですよね。
少し天邪鬼ですが、あのとき主人公を追いかけていた理由の半分は、結ばれたかったからだとも考えられます。
いくら妖といえど、そう簡単に殺してしまう事も出来ず、手負いを負わせただけですぐに主人公を追いかけた…と思いますね。

または、こまの降らせた雪のおかげで復活したとかw
ザオリ○、または○イズの効果という事で(苦笑)
みこみこ
アバター

投稿日時:
2005/09/20 17:30

登録日時:
2005/08/29 16:08


あえて無視した…んでしょう…。

私も“紫姫は本来優しい”説の持ち主なので、
全一さんにはなんにもしなかったと思っているのですが…
鏡架さんに対してだけは  「天敵」  「刀(物)」 という視点から見ているのか
容赦がなかったようです(泣)。
鏡架さんEND後、二人(?)が分かり合えるといいなあ…と願ったりしています。

全一さんは立場的にはこりすさんに似てはいますよね…。
尽くしても尽くしてもこっちを振り向いてもらえはしないという点では。
全一さんはそんな気はなくて、もともと見返りを求めてはいないんでしょうけど…
全一さん……いいですね。
てる
アバター

投稿日時:
2005/09/20 21:44

登録日時:
2005/09/11 21:13


全一さんに追い詰められて逃げた・・・はあ

>復活説
なんでもありの世界ですがこれだけはやっちゃいけないと思ってしまうのは自分だけでしょうか?(汗
それ言っちゃったら鏡架さんも復活してそうなものですし・・・。

>全一さん
格好良いですね。彼は。
彼がいつ食事を摂っていつ風呂に入っていつ寝てるのかとか考えると・・・考えたくなくなりますが。w
謎のX
アバター

投稿日時:
2005/09/20 22:43

登録日時:
2005/09/07 15:35


全一さんは良い人です、本当に

>復活説
>これだけはやっちゃいけない

もちろんです(苦笑)
私も本気で思ってる訳じゃありませんよ(^^;
やはり、紫姫は根っからの悪人(悪妖?)ではないというのが本当の持論ですので。

>全一さん

人間味がないようで、意外と人間味あふれてるんですよね。
機械的に振舞おうとしても、やはり人間だから感情を爆発させてしまう時がある。
こりすへの一途な忠誠心にも脱帽です(^^)
みこみこ
アバター

投稿日時:
2005/09/21 17:11

登録日時:
2005/08/29 16:08


…ここのトピックは使うの久しぶりな気がし

ここ数日「めぐり、ひとひら。」の投票所の翁さんログにて討論のお題となっております、
「こまさんと紫姫はどうして顔が似ていたのか」の見解をこちらでも意見を交し合おうかと久しぶりに(笑)。
ログは文字数制限がありますし、翁さんファン以外の方は票が本命の人物に入れられなくなりますしね。
トピ立てしても良いのですがめぐりに関しての意見交換は、やはりここのトピックしかない!と思いまして。

ちなみに私はこまさんと紫姫は全くの別人物と考えています。
こまさんは物語では紫姫の体を借りているだけで、後から人間として産まれて来たこまさんが
「あやかし」である紫姫に似ていた理由は「キャラメルBOXだから」だと信じておりました(笑)。
…どなたか解る方、いらしゃいませんか?
てる
アバター

投稿日時:
2005/12/04 19:53

登録日時:
2005/09/11 21:13


ご挨拶とお詫びをかねまして

 はじめまして。パソコン音痴のために登録に少々手間取ってしまいました。akiと申します。
 何をかくしましょう。翁先生の投票コメントで「こまと紫姫は同一人物である」と発言し、てる様はじめ熱心なファンの方々を大いに困惑させてしまったのは、かく言う私でございます。その節はまことに失礼をいたしました。
 ただ、皆様と同じように、私も「めぐり、ひとひら。」に感動をもらった人間の一人です。あまりに感動したため、やり終えた後に「いったい何をどうやったらこんな物語が作れるのだろう・・・」と深刻に悩んだ記憶があります。ついでに申しますと、そういう感動の仕方をした物語は、宮崎○監督の「天空の城○ピュタ」と、この「めぐり、ひとひら。」の二つだけです。(みずぼらしい人生? そうかも)
 そういう作品であるだけに、こまエンドの「それは簡単だよ。恋する女の子には当然のことなの・・・・(うろおぼえ)」というこまの言葉は実に意外でした。「こまと紫姫が瓜二つである」という謎を謎のままに置いても、それで充分に完結した物語なのです。なぜ、わざわざその枝葉末節とも思える謎を最後に再燃させ、しかも解答を与えることなく終わるのか。「それはね・・・」でフェイドアウトしてしまった画面を見つめながら、なにか重大な宿題を押し付けられた気分になったものです。
 「めぐり、ひとひら」では、人物たちはそれぞれに生命を持って息づいています。何気ないしぐさ、何気ない一言に、その人の過去が、生き方が凝縮している、と言ってもいいでしょう。彼らが発する一言には、必ず意味があるのです。したがって、こまが「簡単だよ」と言った限り、こまと紫姫が似ている理由は、複雑なものでは決してありません。おそらく一言か二言で説明でき、かつ智君が直ちに理解できる内容であるはずなのです。もしかすると、「こまは結局語らなかった」ということそのものにも、意味があるのかも知れません。あれは読者(プレイヤーと言うのが正しいでしょうが、あえて)に対する謎かけではなく、こまが自分から言うのを止めたのではないか。言いかけた言葉を、途中で笑みの中に隠してしまったのではないか・・・・そんなことも思ったりして。
 その「簡単ななにか」が皆目わからない自分に、途方に暮れたというのが正直なところです。
 「こまと紫姫は同一人物である」という結論は、そんな私が、その後「めぐり、ひとひら。」をプレイする中で熟考し、試行錯誤しながらたどり着いた結論です。決して一時の思いつきで皆様の感動を汚そうとしているのではないことを、お含みおき下されば幸甚です。
 ただ、てる様もご指摘くださったとおり、「こま=紫姫」とすると、物語の重大な部分がぶち壊しになってしまうことは確かで、きっちり説明できない投票コメントにおいて性急に発言してしまったことは、いかにも不適切だったと反省しております。
 責任を取るべく、しっかり説明させていただきたいと思います。おそらく恐ろしい長文になるかと思うのですが・・・この文もすでに長いですね。すみません。
 しばらく時間を下さい。もう一度「めぐり、ひとひら。」を見渡してみてから、何回かに分けて発言させていただきたいと思っております。
 さて・・・夕方の仕事ですので、そろそろ時間です。これから行って参ります。
aki
アバター

投稿日時:
2005/12/05 14:24

登録日時:
2005/12/05 12:26


こういうお題は好きですよ〜

めぐり好きとして、ここは意見を言わない訳にはいかないですな(笑)

まず、どうして似ていたのか、というのが問いですね。
そこに行き着くまでの会話の流れを見てみると、こまの「お兄ちゃんは鈍感だなぁ(合ってるかわかりませんが、ニュアンスでご理解ください)」というセリフから見ると、どうやら主人公は鈍感だから「こまと紫姫が似ている理由」が分からなかったようです。
では、主人公はどんなことに対して鈍感なのか……と言ったら、それは女性の気持ちに対してなんじゃないでしょうか?
つまり、紫姫とこまが同じ顔をしていたのは、「主人公がこまを好き」→「紫姫は主人公に好かれたい」→「こまと同じ顔ならば…」と紫姫が判断したため。
——というのが、こまの考えなんですね。
飽くまでも、こまの考えです。それが、本当に正しかったのかどうかは(池に沈んでいる間に聞いたのかも知れませんが)もう分からないんですね。
でも、こまからしたらそれが事実であり、それで十分なのです。

それと、あのラストについては、シナリオの手法のひとつじゃないかなぁと。
こうして私たちが色々考えているように、プレイヤーにクリア後も物語と世界の余韻に浸ってもらえるよう、用いた手法じゃないかと。
はっきりと結果が分かる結末も良いですけど、ああやって微妙にぼかす結末だと印象に残りやすいですよね? 残りませんか?w

>「キャラメルBOXだから」

な、なるほど……それなら全て説明がつく(嘘です)
確かに、流れ的に、
「それはね……あ、あの、キャラメルBOXです」
ですからね(日本語になってない気もしますが^^;)

ああ、ちょっと長文になってしまいました(^^;
やはりめぐりが関わるとネジ外れちゃうなぁ(苦笑)
 
みこみこ
アバター

投稿日時:
2005/12/05 16:54

登録日時:
2005/08/29 16:08


私もこういうお題は好きですよ〜(笑)。

>「こまと同じ顔ならば…」
私もそれを最初に考えたんですよ〜^^;。
「紫姫」→「こまさん」の容姿に化ける、という説ですね。
姫命と鏡架さんは、130年程前にこまさんが産まれる以前から紫姫に逢っており、姫命曰く
「こまは主によう似ておってな…」鏡架さん曰く「あなたは…あの女じゃないんだね…?」とも発言
することから、当時からあの容貌だったようで…そうなると、あとから「人間として生を受けたこまさん」が
「紫姫そっくりの容姿に似た」事になるので、私の中では謎になりました…。

次に考えたのが、「御前様=智兄さん」とすると、紫姫もこまさんも、「彼に好かれたい」という想いを
抱き続けた結果、自然とあの容姿となった…という想像です。只これも、御前様に出会うまでの、
姫命との暮らしを考えると、苦しいかな…と判断…。

もう1つは結果的に投げっぱなしになってしまった…その頃の朱門様は続編を考えていらして、
その舞台が本編の何年後、(或いは前)になるか分からないため、ある程度幅が利くよう、登場人物の
年齢設定及び、年齢が限定されるような学生時代などはシナリオに一切用いず…。
紫姫とこまさんが似ている謎もそっち側…朱門様のみ知る…という考えです。
(続編が世に出るのかどうかは不明ですが)

ひょっとしたら…紫姫が御前様を想う「念」がこまさん誕生の際に、容姿に影響した…夢叶わなかった
親が子に夢を託す様な願いが伝わった?とも考えたんですが、義理の妹だからこれも…?です。

結局私は分からないままなんですね…。
でも私としては、「偶然似ていた」で充分な気がするのです…。こまさんENDでない限り、
その台詞に触れることはないし、ノーマルENDでもあれだけの感動の物語として1つの
傑作として完結していますしね。…個人的には鏡架さんENDが一番好きですけどね。

>キャラメルBOXだから
みこみこ様のおっしゃるまんまで御座います(笑)。そういうオチなのかと本気で思っていました…^^;。

>aki様
私も「めぐり、ひとひら。」は人生においてゲームに限らず最も心を揺さぶられた作品の一つですよ。
いい作品ですよね…。受け取り方は人それぞれですし、感動を汚すとか不適切とかそんな考え方は、どなたも
なさらないと思います♪気をつけてお出かけ下さい、いや、お疲れ様でした、ですかね。

めぐりはその後どうなったんでしょう?という所多いですよね…。
鏡架さんに写し取られたかむろちゃんのそのあとは…など^^;…相変わらずの長文で済みません。
てる
アバター

投稿日時:
2005/12/05 21:59

登録日時:
2005/09/11 21:13


1つ前へ次へ

Return to ネタバレフォーラム

cron